そのバッグは本革?合成皮革それとも人工皮革?

鞄や財布の素材によく使われている革の素材は、実はひとつだけではありません。それぞれの種類には特徴があり、用途も変わります。豊岡で鞄の製造から販売まで行うエターナルフローでは、国産本革にこだわった製品が豊富にあります。革製の鞄を探している方は、ぜひご利用ください。

革の素材の特徴

革の素材の特徴

鞄をはじめ財布・衣類・家具といった身近なものの素材として使用されている「革」。革にはどのような特徴があるのでしょうか?革は様々な動物の皮を加工し作られるのですが、それぞれの動物によって革の特性は異なります。

例えば、馬の革は牛革に比べて薄くて柔らかく軽いため、ウェアや小物、インテリアなどによく使用されます。豚革は摩擦への耐久性に優れ通気性がある点が特徴です。

革の中でニーズが高いものが牛革です。牛は個体毎のサイズが大きく大量の革が取れるため、生産効率が非常にいいです。素材の特徴は成長段階や部位により異なります。手作り鞄用でしたら密度は粗いのですが柔軟性のあるショルダーを使用し、革小物でしたらお腹から脚の部位にあたるベリーを使用します。

牛革の特性を活かした鞄をお求めの方は、豊岡でオリジナルデザインの手作り鞄を販売するエターナルフローをご利用ください。国産の本革を使用した、シンプルながらもコーディネートに映えるカラフルなバッグを豊富に取り揃えています。

本革・合成皮革・人工皮革の違い

革には本革以外にも、人工的に作られた合成皮革と人工皮革があります。

合成皮革とは、合成樹脂を布にのせ型押しをするといった工程で作る見せかけの革です。素材には塩化ビニールやポリウレタン樹脂を使用しており、加工しやすい点が特徴です。人工皮革は、ポリウレタン樹脂と革のコラーゲン繊維構造のようなフィルムを使って作られ、弾力や風合いなどを本革に似せている点が特徴です。

本革は比較的重量があり、水に濡れると変形しやすいのですが、合成皮革と人工皮革は比較的軽く水にも強いので、用途によっては使い勝手のよい素材といえるでしょう。使うほどに変化する本革の魅力は、どれほど技術が発達しても人工的に作り出せるものではありません。本革製品を求める方が多い理由は、そのような点にあると考えられます。

革製品の素材としては、人気の高い牛革以外にも、馬や豚など様々な種類があります。それぞれに特徴が異なりますので、用途によって使い分けされているのです。おしゃれで丈夫な牛革の手作り鞄をお探しでしたら、オリジナルデザインを特徴とするエターナルフローをご利用ください。国産の牛革を使用しており、「鞄の街」豊岡でひとつひとつ丹精込めて製造しています。

豊岡製の手作り鞄はエターナルフロー

店名 handmadeBAG Eternal Flow
住所 〒669-6101 兵庫県豊岡市城崎町湯島205
最寄り駅 城崎温泉駅
道順 城崎温泉駅より徒歩5分
地蔵湯前、ファミリーマート横
営業時間 10:00 ~ 18:00
定休日 不定休
クレジットカード JCB,VISA,MasterCard,AMERIKAN EXPRESS
電話番号 0796-20-4070
URL https://eternal-flow.com/